薄毛に効くサプリと育毛度最強ランキング

扁桃腺肥大について

扁桃腺というのは喉の奥にある組織のことです。免疫機能を司っていて、喉に入ってきたウイルスなどを抗体を使って退治しているのです。その扁桃腺が通常の大きさよりも大きくなってしまった状態のことを扁桃腺肥大といいます。

 

身体を細菌などの外敵から守るという免疫の働きを持っている扁桃腺は人間にとってとても大切な免疫器官といえるでしょう。リンパ組織であり、病原菌が侵入しやすい喉を保護してくれているのです。特に活発に活動する時期があって、それはまだ免疫のシステムが未発達な乳幼児の時期だとされています。成長にするに従って扁桃腺は徐々に小さくなっていくといわれています。

 

しかし、たびたび扁桃腺が腫れてしまうような扁桃腺炎をくりかえしてしまうと、扁桃腺が肥大したまま戻らなくなってしまい扁桃腺肥大となってしまう方もいるのです。扁桃腺肥大となってしまうと、大きくなった扁桃腺によって喉がふさがれてしまうことがあります。

 

つまりは呼吸を妨げてしまって、息苦しくなってしまったり、寝ているときには気道が狭まりやすいこともあっていびきの原因となってしまうのです。それにともなって、睡眠時無呼吸症候群を併発してしまうリスクがとても高くなってしまいます。

 

また、扁桃腺炎をなんども繰り返して発症してしまい、慢性化してしまうと、扁桃変が腫れやすい状況が続いてしまうことがあります。こうしたことが一因となって肥大してしまうのです。また、体質や遺伝によっても扁桃腺が肥大してしまうことはあるようです。

 

扁桃腺肥大の症状は大きく別けて3つの段階に分類されていますので、紹介していきましょう。扁桃腺が前口蓋弓という膜から少しだけでているといった状態が第1度肥大といわれる状態です。症状としては軽症で扁桃腺肥大の初期段階といえるでしょう。

 

第2度の肥大は、前口蓋弓という膜よりもかなり突きだしている状態になっている状態です。乳幼児のときにはしばしば見られる段階となっています。口蓋垂、いわゆるのどちんこの辺りまで大きくなってしまった状態を第3度肥大といいます。

 

こうした診断は視診や関節喉頭鏡検査、血液検査などを行いつつ、慎重に判断していきます。症状としては特にこれといったものがない無症状の場合もありますが、痛みが激しく扁桃腺周囲炎になるといったこともあります。

 

また、睡眠時無呼吸症候群を発症しているときなどの症状が重いケースでは扁桃腺を手術で切除するといった処置が必要になることもあります。いずれにせよ、なにからしらの違和感があるのであれば医療機関にて診察を受けたほうがいいでしょう。

 

基本的に、喉の病気は手鏡などで視認することもできます。ですので、喉に異常を感じたら、いちど自分で見てみるといいでしょう。そして、違和感があったのなら早めに病院で診察してもらうようにしましょう。早期の段階で治療することで手術をするといったリスクを避けることができる可能性が高くなります。