薄毛に効くサプリと育毛度最強ランキング

ニキビ跡と栄養

ニキビ跡対策のスキンケアには化粧品で外側から改善する方法がありますが、内側からのスキンケア方法もあります。それが、食生活に注意するニキビ対処法です。

 

ニキビが発生する原因の一つには、食生活が関係しています。実は、かつての日本人にはニキビが出来る人が人口のわずか20%程度だったのです。

 

しかし、食の欧米化が進んだ日本では、人口の90%もの人がニキビに悩んでいるといいます。食事が与える影響は、おろそかにはできませんね。

 

ニキビ跡のひとつには、クレーターと呼ばれる肌の凹みがあります。これを修復するために重要な働きをしているのが、コラーゲンです。

 

コラーゲンは肌そのものを作ってくれるといっても過言ではありません。そのコラーゲンが不足していると、ニキビ跡を修復するどころか健康な肌そのものが作られません。

 

しかし、コラーゲンを摂ってもそれが直接顔の肌に届くわけではありません。体内に取り込まれたコラーゲンは、まず分解されて体の各部位に運ばれるのです。

 

コラーゲンを積極的に体内に取り入れたいという方は、ビタミンCもなるべく摂取するようにしたほうがよいでしょう。なぜなら、ビタミンCは効率よく吸収されると、体内でコラーゲンを生成するのです。また、皮膚の健康を保ってくれるビタミンB群は、ニキビ跡の修復に欠かせません。

 

食品では、サバやカツオ、鶏肉などにはビタミンB6がよく含まれています。ただし、これらの栄養群のみを摂っていたのでは、かえって体によくありません。

 

バランスよく栄養を摂り入れることができてこそ、健康的な肌が生まれていくのです。また、食べすぎもよくありませんので、栄養素は満遍なく適量をとるようにしましょう。